うつ病のタイプ

うつ病にはどのようなタイプがあるのでしょうか?タイプによって症状は異なるのか。

抗うつ剤で切れ味が強いパキシル

セロトニン再取り込み阻害し維持させる効果を持つのがパキシルです。2000年に販売され副作用が少ないことからよく使われるようになりました。現在でもよく使われている医薬品ですので、よく理解しておくと良いでしょう。 切れ味が良 […]

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

打つ症状の改善は3つの観点から取り組もう

うつ病と診断されると医薬品の服用で治療を行うのが一般的ですが、けっしてそれだけにとどまるわけではありません。いろんな角度からアプローチをすることで改善を図ることができます。うつ病治療において3つの観点があることを知ってお […]

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

パキシルなどの抗うつ剤を服用するときに知っておいてほしいこと

以前は一番処方されることが多いかったパキシルですが、現在もよく使われている抗うつ剤です。それ以外にも患者さんに合わせた医薬品が処方されますが、服薬をするうえで、おさえておかないといけないことがあります。 指示通りに服薬を […]

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

パキシルが向いている人

うつ病の症状以外にも、強迫性障害やパニック障害など適応疾患が多いのもパキシルの特徴です。切れ味が鋭いことで多く処方されている抗うつ剤ですが、向いている人もいます。抗うつ剤を選ぶときに、これを重要視することも必要ですので知 […]

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP