うつ病のタイプ

うつ病にはどのようなタイプがあるのでしょうか?タイプによって症状は異なるのか。 - パキシルなどの抗うつ剤を服用するときに知っておいてほしいこと

パキシルなどの抗うつ剤を服用するときに知っておいてほしいこと

以前は一番処方されることが多いかったパキシルですが、現在もよく使われている抗うつ剤です。それ以外にも患者さんに合わせた医薬品が処方されますが、服薬をするうえで、おさえておかないといけないことがあります。

指示通りに服薬をすること

服薬を守ろうとしない患者さんも多いです。ときに抗うつ剤は副作用が出てしまうことがあります。特に胃腸系を訴えることが多く、吐き気や下痢など辛い症状になります。ほとんどが服用することによって慣れていくことが多いですが、それに耐えられずに中断してしまうことも。
また飲み忘れも症状を悪化させる要因です。せっかくうつ症状をおさえていたのに、飲み忘れてしまうことで突発的に事故が起きてしまうことがあります。そのようなことにならないためにもしっかり指示を守りましょう。

自己判断をしないこと

抗うつ剤を用いて相性が良くないことも起こり得ます。ただし多くの方が症状が軽減していることが多いです。その恩恵を得ることができていない人のほとんどが、自己判断で正しく抗うつ剤を扱っていません。正しい服用、そして自己判断で解決をしないことが大切です。

些細なことでも異変は報告すること

ちょっとしたことでも主治医に相談できる環境が大切です。だからこそ主治医との相性も、治療において重要と言えるでしょう。クリニック選びも慎重に行わなければなりません。なんでも話せるような医師を求めましょう。

正しく服薬をすることが症状を軽減する

これは抗うつ剤だけではなく、すべての医薬品に言えることです。正しい服薬をすることでうつの症状から解放される機会を得られます。問題が起きたときはちょっとしたことでも必ず報告を、そして指示された通りに服薬をしてください。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP