うつ病のタイプ

うつ病にはどのようなタイプがあるのでしょうか?タイプによって症状は異なるのか。 - 打つ症状の改善は3つの観点から取り組もう

打つ症状の改善は3つの観点から取り組もう

うつ病と診断されると医薬品の服用で治療を行うのが一般的ですが、けっしてそれだけにとどまるわけではありません。いろんな角度からアプローチをすることで改善を図ることができます。うつ病治療において3つの観点があることを知っておきましょう。
■しっかり休養をすること
いろんな要素によってうつの症状を発することになりますが、そのほとんどが生活に疲れたことによって起きることが多いです。このようなタイプに限らず、うつ病の治療において最初に行われることは休養です。特に何もせずに過ごすことも時に大切です。
患者さんは「動かなければならない」、「休むのは罪だ」と考える人もいますが、そのような場合であってもとにかく休むことです。たとえ軽度であったとしても休むことができない人であれば、入院が必要になるケースもあります。
■抗うつ剤の服薬
治療の主役が抗うつ剤です。精神疾患の医薬品を服用することを、副作用を理由に毛嫌いする人も多いですが、いろんな医薬品があることを知ってください。患者さんに合わせて処方されますので、まずは頼ってみることが大切です。
■精神療法も改善に大きな期待を持てる
ぶり返しを予防するために、精神療法を用いることがあります。否定的な思考パターンを柔軟にとらえるようにする訓練です。うつ病治療においてなかなかの効果を発揮しますので、これからの生活を送る上で大切な訓練になります。
■トータルバランスがとれた治療ができるクリニックを
この3つの観点から治療を開始することが多いです。クリニックによっては薬漬けにすることもありますので、口コミや方針などをチェックして、通いやすいクリニックを選択するようにしましょう。医師との相性もとても大切です。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP