うつ病のタイプ

うつ病にはどのようなタイプがあるのでしょうか?タイプによって症状は異なるのか。 - 抗うつ剤で切れ味が強いパキシル

抗うつ剤で切れ味が強いパキシル

セロトニン再取り込み阻害し維持させる効果を持つのがパキシルです。2000年に販売され副作用が少ないことからよく使われるようになりました。現在でもよく使われている医薬品ですので、よく理解しておくと良いでしょう。

切れ味が良いことで有名

短時間で効く特徴を持っているのがパキシルです。不安や不眠に関してすぐに効果を発揮する特徴を持っていますが、抗うつ剤自体効果の持続まで時間が掛かることが多いです。最短で2週間、遅くて1ヶ月ほど掛かりますので、ゆっくり取り組む必要があります。またジェネリックも販売されていますので、治療費が気になる場合は切り替えてみるのも良い判断です。

パキシルの適応疾患

うつ病の症状以外にも強迫性障害やパニック障害、社会不安障害やPTSD外傷後ストレス障害にも適応されますので、幅広い使い方をされている医薬品です。適応外になりますが、PMS月経前緊張症による不安にも使われることがあります。ただしパキシルは奇形の可能性があることから、妊娠適齢期の女性は他の抗うつ剤を選択した方が良いでしょう。

副作用が少ない医薬品

どんな医薬品にも多少の副作用が生じます。特に抗うつ剤はそれが顕著に表れやすいですが、パキシルは少ないのが特徴です。ただしセロトニンを維持させる医薬品として顕著に表れる眠気・体重増加・嘔吐下痢・不眠・性機能障害が出ることも。しかし他の抗うつ剤と比べれば確率は低いです。

総合的に優れた抗うつ剤

効き目が早く、切れ味が鋭いことから処方されることが多い医薬品になります。どんな抗うつ剤にも同じことが言えますが、医師の指示通り服薬をすることに意味がありますので、それを守ることがとても大切です。自己判断をしないようにしましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP