うつ病のタイプ

うつ病にはどのようなタイプがあるのでしょうか?タイプによって症状は異なるのか。 - 抗うつ剤は副作用との兼ね合いが大切

抗うつ剤は副作用との兼ね合いが大切

抗うつ剤によっては副作用が強いものもあります。パキシルは副作用が少ないことで有名ですが、それでも依存症が強いのが特徴です。このように医薬品それぞれに副作用に関する特徴がありますので、それを理解して服用することが大切です。

副作用との兼ね合いが大切

これは抗うつ剤に限られたことではありませんが、医薬品すべてに副作用のリスクがあることを忘れてはいけません。特に抗うつ剤は副作用が出たときに、自己判断で服薬を中止してしまうことがあります。医薬品は服用方法を守ることが大切であり、自己判断で中止してしまうだけでもいろんな危険をはらんでいるのがうつ病治療です。このように隣り合わせな存在になることから、副作用との兼ね合いが大切であることを知っておきましょう。

主な副作用の特徴

眠気・体重増加・嘔吐下痢・不眠・性機能障害が顕著に表れる副作用になっています。また眠気を感じたりすることも。服薬をすることによって体重が増えることも顕著な副作用になっていますが、諸説いろいろとあり医薬品だけの問題ではないこともあります。なんらかの症状を感じた場合は必ず医師に相談をしてください。

日常生活を送りながら服薬ができる抗うつ剤を

服薬をすることによって体を動かすことができなくなってしまう人もいます。うつ状態によって抗うつ剤の種類も変わってくることから、症状によっては望むことができないこともありますが、なるたけ日常生活を送りながら服薬ができる医薬品を選ぶようにしましょう。

ちょっとした異変も必ず相談するように

副作用との兼ね合いが大切なのが抗うつ剤です。ちょっとした気になる症状を服薬後感じたのであれば、些細なことでもしっかり主治医に相談をしましょう。医師との信頼関係も治療において大切な要素です。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP