出会い系サイト活用法

セフレとエッチする場合に知っておきたいラブホテルの利用形態

PCMAXで親しくなって、いよいよファーストデートになります。出会い系サイトでのやりとりからの対面ですがトントン拍子になると、そのままセックスになることもあるでしょう。ラブホテルのことを知らないセックス初心者にとっては不安ですね。この記事ではセフレとラブホに入った際のプランについて詳しく解説します。

休憩でラブホテルを使う

休憩は昼間の短時間利用ですから、主婦・人妻などはこのタイプが多いですね。1時間から3時間の利用で、時間の長さに応じ料金が変わることもあります。サービスタイプ・フリータイムなど数時間までは料金が一定になっていることもあります。休憩で入っても深夜12時をまわると宿泊料金になるのが一般的です。

宿泊でラブホテルを使う

ホテルに一泊する利用で普通は8時からチェックイン可能で、翌日の11時頃まで使えます。深夜割引などの場合は、深夜以降にチェックインすると料金が安くなったりします。

フレックスタイムでラブホテルを使う

チェックインの時間に関係なく滞在時間の長さで料金がきまります。昼間だけ限定でフレックスタイムを使っているところもあります。24時間フレックスでない場合は、チェックインできる時間が決まっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?セフレとエッチする場合に知っておきたいラブホテルの利用形態についてご紹介しておきました。何もセックスのベテランだけがセフレ関係になるとは限りません。お互いに初めてセフレになる男女の場合は知らないことだらけです。まあ、男性がセックスの経験が少ない場合は、人妻・熟女をターゲットにして、しっかりとセックスを教えてもらったほうが良いでしょうね。

最近は、電子レンジとか持ち込み用の冷蔵庫・ポット・空気清浄機・コンタクト用品・アメニティー類など随分と充実しているところも増えています。セフレ関係になればお気に入りのホテルを決めておいて、あとは部屋番号を伝えておいて合流する方法も採れます。会員メンバーになっておけば利用料金も割安になります。ホテル代も、どちらが出すのかを決めるよりも割り勘にしておくほうが良いでしょう。熟女や人妻であなたが学生の場合は、料金を出してもらって甘えるのもありかもしれません。その代わりセックスで頑張ってお返しをしてくださいね。